川崎信用金庫綱島支店新築建替工事

発注者
川崎信用金庫
施工年月
2024年1月14日
竣工年月
2025年3月12日
所在地
神奈川県横浜市港北区綱島西1-5-5
用途
銀行の支店・共同住宅
構造・規模
RC造 6階建て
延床面積
2271.82㎡
設計事務所
株式会社北島工務店 1級建築士事務所
2024.01.31 
工事完成度:1%

【地縄確認】

地縄とは設計図を元に建物の位置を実際の敷地に原寸で縄などを用いて表します。

【地鎮祭】

工事が始まるにあたって、工事の無事を祈願するための儀式です。

いよいよ工事が始まります。

2024.02.29 
工事完成度:6%

【杭工事】

(場所打ちコンクリート杭)

本工法は、ドリリングバケットを回転させて地盤を掘削しバケット内部に収納された土砂を地上に排出する方法で掘削を行う。

孔壁は、表層部では表層ケーシング(1700Φ程の5mの鉄の筒)を用い、それ以深は安定液で保護する。

掘削完了後、所定の形状に製作された鉄筋籠を孔内に建込み、トレミーを使用し杭底部からコンクリートを打ち込むことにより杭を築造します。

 

 

2024.03.30 
工事完成度:9.31%

【タワークレーン】

高いビルや大きな建物をつくるときには資材を揚重するために揚重機が必要となります。今回は敷地に余地がなく、全面道路に揚重機を配置するのが困難なため、建物内にタワ-クレ-ンを配置する計画となりました。建物が高くなるにつれてタワークレーンも高さを上げることができるため、建物が高くなればなるほど活躍していきます。建設現場の中で組み立てて使うため、移動式の大型重機と比べて、建設現場への入退場や待機場所などを気にする必要もありません。

 

【根伐工事】

根切りとは、建物の基礎工事のために地面を掘削する工事です。

主に、基礎部分やピットをつくるために行われます。

具体的にはバックホーのような重機を使用して掘削を行いますが、大量の残土が発生してしまいます。

広い土地であれば残土は埋戻し土として一部ストックできますが、敷地に余地が無いため、今回はダンプカーで全ての残土を搬出しました。

 

2024.04.30 
工事完成度:11.51%

【鉄筋工事】

鉄筋工事とは、建築物の骨組みとなる鉄筋を作る工事であり、設計図に沿って鉄筋を組み上げていく点が特徴です。

鉄筋は建築物の耐久性に大きな影響を与えるため、正確かつ慎重に工事を行う必要があります。

 

 

【耐圧版コンクリート打設】

耐圧版は、建物の重さを支える役割を持つ床のことをいいます。

建物の底全体で荷重を受ければ均等に力が加わって建物が沈みにくいため重要になります。

 

CONTACT
お問い合わせ
新築工事に関するお問い合わせ
044-954-1111
受付時間:月〜金曜 9:00〜17:00
リフォームに関するお問い合わせ
044-952-1000
受付時間:月〜金曜 9:00〜17:00
弊社のパートナーとして、ご協力いただける協力業者様を随時募集しております。